カテゴリー別アーカイブ: 未分類

活動報告(6/2・3)

成長することが成功!

【U-12TRM】

■日時 6/2(土)

■試合結果

(10分1本)

① NORTE vs 札幌ジュニアホワイト 1-1 △ 得点者:草間

② NORTE vs 豊園 4-1 〇 得点者:輪島3、草間

③ NORTE vs 札幌ジュニアパープル 1-3 ✕ 得点者:林

(10分ハーフ)

④ NORTE vs 札幌ジュニアホワイト 3-1(前半1-1) 〇 得点者:草間、松田、田中

⑤ NORTE vs 豊園 7-1(前半4-0) 〇 得点者:渡邊、松田、橋本、輪島2、田中、平島

全5試合 3勝1敗1分 総得点13(1試合平均:2.6) 総失点7(1試合平均:1.4)

■成果と課題

全日本フットサル札幌ブロック大会に向けた調整を目的に練習試合を行いました。攻撃面~7失点中6点は自陣でボールを失いそこからの失点です。パスカットされて の失点が5、パスの出し所がなくドリブルしてる所を奪われての失点が1、ボールの失い方が悪く失点を重ねてしまった。ベンチから観てる感じで は、出し手が顔が上がってパスを出せる状態の時に受け手が動き出していない(タイミング)、動き出してはいるが相手の影に入ってしまってパスコースが出来てな い(角度・方向)ように観えた。後日の練習でスタッフが入りゲーム形式のトレーニングをしてみたが、受け手の「いつ」「どこで」パスが欲しいのか要求が少ない、も しくは分かりずらくパスを出しずらい印象をうけた。一人一人がもっともっと「声」「動き」でボールを要求してほしい。

守備面~ゴール前の守備では、自分のマークしている選手に簡単にシュートを打たせてしまう。コーナーキックの時にマークの確認をせずフリーの選手を作ってしま い簡単にシュートを打たせてしまう。など、球際の厳しさや注意力が不足していた。「ゴール前で身体を張ってシュートブロックする」「相手ボールなったらマークの確 認をする」当たり前の事が出来てない習慣化されてない。日々のトレーニングから目の前のワンプレーの質に拘っていきたい。

【U-10TRM】

■日時 6/2(土)

■試合結果( 10分1本 対戦相手:SSS U-9)

①1-1 △ 得点者:シュリ

②2-1 〇 得点者:松宮2

③4-1 〇 得点者:近藤2、平間、中山

④1-6 ✕ 得点者:輪島

⑤0-0 △

⑥0-2 ✕

⑦3-1 〇 得点者:門間、中山2

⑧2-4 ✕ 得点者:中山、オウン

⑨5-0 〇 得点者:中山、近藤、門間3

⑩1-1 △ 得点者:平間

全10試合 4勝3敗3分 総得点19(1試合平均:1.9) 総失点17(1試合平均:1.7)

■成果と課題

高い位置から連動性を持った守備でドリブル対応やパスカットから得点出来た事は狙い通りの良いプレーだと感じます。また、右サイドの中山選手からセンターバックの平間選手へパスを通し平間選手が左サイドに開いた長谷川選手へパスすると見せ掛けてフォワードの門間選手へ通したスルーパスの展開は今日のプレーの中で一番良かったプレーだと感じます。逆に我々が相手チームの選手達から学ばなければならない技術としてドリブルの技術(左右への揺さぶり、姿勢、俊敏性など)やボールの隠し方、ボールを受ける前のかけ引き、ドリブルの進行方向などはぜひ真似して欲しいと感じます。課題としては、練習試合なので我々の反則プレーに対して笛がならない場面が多かったが公式戦では間違いなく相手のフリーキックにつながる様なプレーもありました。フリーキックは大ピンチになる事を認識しなければなりません。特に自陣のペナの中やペナ周辺での反則はしない様にしてほしいと思いますし、周りにいる選手がノーファウルで・・・と声をかけるなどしてチームで守備出来る様にして欲しいと思います。体のバランスが悪く少しぶつかったり、揺さぶられたりしただけで尻もち付いたりコケたりしている選手も多数おりました。倒れた分プレーは遅くなりピンチになります。簡単にピッチ上で転んではいけません。これからの改善点として認識して欲しいと思います。

【U-10VAUER COP】

■日時 6/3(日)

■試合結果(25分1本)

①NORTE VS 西野第二 2-1 〇 得点者:中山、平間

②NORTE VS 篠路FC 2-1 〇 得点者:門間、中山

③NORTE VS 山の手 3-0 〇 得点者:中山、シュリ、門間

全3試合 3勝 総得点7(1試合平均:2.3) 総失点2(1試合平均:0.7)

■成果と課題

公式戦本番まであと2週間を切ったこの時点で3連勝出来た事でチーム全体に活気が生まれ元気が出て来た事は本当に良かったと思います。良い流れを自分達で作ったと思います。得点の場面を振り返ってみると・・・サイドを崩してのドリブルシュートが決まったり、センターバックのロングシュートや混戦の中を持ち出してのシュート、サイドチェンジからの逆サイドの選手が決めるなど色々なパターンで得点できる様になって来た事からも少しずつではあるがお団子サッカーから8人制サッカーが出来る様になりつつあるなと感じています。守備の部分に関しても粘り強さみたいなものは出てきており、1人目が抜かれた時でも2人目で奪ってみせたりカバーリングでピンチの場面を脱したり、浮き球を地面に落とさずヘディングではね返すプレーも見る事が出来ました。前回からの反省点をきっちり修正出来た事は評価できます。大会本番は自分達のやってきた事にどれだけ自信を持ってプレーできるか?が・・・とにかく大切です。俺達は成長している・・・。最高の準備をして本番を迎えて欲しいと思います。

6月コンディショニングセミナーのご案内

怪我の予防(早期発見)及びパフォーマンスの向上を目的として、コンディショニングセミナ-を定期的に開催してます。

コンディショニングのチェックを定期的に行うことで、現状プレーは可能だが怪我の症状がある選手などへ早めの処置をしていくことで長期間休まなければならないような重症な怪我になるリスクを下げること。また、体の硬さ、バランスの悪さなどからくる膝、踵への過度な負担やパフォーマンスの低下を解消していくことが可能ではないかと考えています。6月コンディショニングセミナ-は下記日程にて行います。

【日時】6/26(火) 18:00〜19:00 / 19:00~20:00

【目的】選手のコンディショニングの回復、維持、向上

【内容】身体のメディカルチェック及び施術、セルフプログラム、テーピング指導

【指導者】当クラブトレーナー(西川トレーナー)

【指導方法】個別指導

【対象】当クラブ団員(U-12/U-15)

【人数】各時間枠5名

【場所】静和記念病院6階リハビリテーション室

【参加料】1000円

【問い合わせ】NPO法人NORTEスポーツクラブ 東区北27条東17丁目2-22

TEL:011-769-9922 FAL:011-769-9966 担当:秋元090-8425-0341

【U-12】6月体験練習会&サッカー教室のご案内

無料体験練習会のご案内

◇開催日 6/5(火) 6/12(火) 6/19(火)

◇会場 新琴似西小学校体育館

◇練習時間 17:30〜19:00

◇対象 小学1年生〜4年生

◇持ち物 運動できる服装、室内シューズ、ボール、飲み物、着替え

◇申込方法 開催日の前日までに下記の問い合わせ先担当者へ連絡下さい。

・NORTE U-12の通常練習に参加して頂きます。「サッカーが大好き」「サッカーがうまくなりたい」

そんな思いを持っている小学生の皆さんをお待ちしてます。

サッカー教室のご案内

◇開催日 6/17(日)

◇会場 新琴似西小学校体育館

◇時間 16:15~17:15

◇対象 小学1年生〜3年生

◇参加費 無料

◇持ち物 運動できる服装、室内シューズ、ボール、飲み物、着替え

◇内容 ボールフィーリング、アジリティトレーニング、ゲームなど

◇申込方法 開催日の前日までに下記の問い合わせ先担当者へ連絡下さい。

・未経験者大歓迎です。「サッカーを始めてみたい」「サッカーに興味がある」そんな思いを持っている

小学生の皆さんぜひ参加してみてください。

●問い合わせ先

NPO法人NORTEスポーツクラブ事務局

札幌市東区北27条東17丁目2-22

TEL 011-769-9922

FAX 011-769-9966

HP:http//www.fc-norte.com/

担当 秋元(090-8425-0341)

【プライム】リフティングコンテスト(5月)結果

5/29(水)にプライムグループのリフティングコンテストが
開催されました。

成績優秀者

1位・・・ゲンタ(4) 86回←230回 あいさつ賞
2位・・・ユウシン(4) 51回←57回
3位・・・ハル(4) 33回←50回

個人成績

トモカ(4)・・・7回←5回
カイ(4)・・・8回←6回
エイジ(4)・・・9回←6回
レイ(3)・・・20回←13回 あいさつ賞
イブキ(3)・・・4回←3回
ミナト(3)・・・2回←4回
ユウセイ(3)・・・6回←8回
ヒビキ(3)・・・6回←5回
レオ(3)・・・1回

欠席
ユウ(4)

今月のリフティングコンテストは全体的に低空飛行のリフティングコンテストになってしまいました。非常に残念です。この結果はなるべくしてなっていると強く感じます。理由その①前月の自分の結果を覚えていない選手が数名おりました。その②この結果でありながら努力して来たと胸を張る選手が数名おりました。その③成績優秀者の3名が先月の結果に一定の満足感があり更なる向上心が取組姿勢に表れていなかった。

活動報告(5/26・27)

成長することが成功!

【U11・12TRM】

■日時 5/27(日)

■試合結果(15分1本 対戦相手:札幌シーガル)

<6年生>

① 1-0 〇 得点者:草間

② 2-0 〇 得点者:松田、今田

③ 0-0 △

④ 1-0 〇 得点者:今田

⑤ 2-0 〇 得点者:田中2

⑥ 2-0 〇 得点者:草間、松田

全6試合 5勝1分 総得点8(1試合平均:1.3) 総失点(1試合平均:0)

<5年生>

① 2-0 〇 得点者:三津谷2

② 2-0 〇 得点者:堀、石川

③ 0-0 △

④ 2-1 〇 得点者:大谷、堀

⑤ 4-1 〇 得点者:乾2、佐藤、三津谷

全5試合 4勝1分 総得点10(1試合平均:2) 総失点2(1試合平均0.4)

■成果と課題

プレッシャーがない中でのイージーなミスが多い。特にファ-ストタッチが悪い為、次のプレーが遅くなる。精度を上げて行くためには、日頃の練習か ら目の前のワンプレーの質にこだわる必要がある。例えば、ファ-ストタッチが右足の斜め前に止めればシュートを打てたけど左足の前に止めてしまったからシュート チャンスを逸してしまった。パスを受け手のDFから遠い方の足に出せれば通っていたけど、近い方の足に行ってしまったからボールを奪われた。このようなミ ス(30㎝のズレ)に対して本気で悔しがって次は成功させるぞ!という思いで練習してほしい。

目の前のワンプレーの質に対して、我々指導者がもっともっとこだわって選手に要求していかなければいけないし、そういうことに、こだわれる選手を育成したい。

【U-10LIVリーグ】

■日時 5/26(土)

■試合結果(順位決定トーナメント 12分ハーフ)

①NORTE VS 真駒内南 0-1 ✕ (前半:0-0 後半:0-1)

②NORTE VS LIV U9 4-0 〇 (前半:4-0 後半:0-0) 得点者:浅野、桜川、松宮、門間

③NORTE VS 上野幌西 5-0 〇 (前半:0-0 後半:5-0) 得点者:門間3、浅野、長谷川

全3試合 2勝1敗 総得点9(1試合平均:3.0) 総失点1(1試合平均:0.3)

最終成績は全8チーム中、5位となりました。

■成果と課題

第1試合は優勢に試合は進めていたものの相手の粘り強い守備の前にゴールを奪えず、終了間際の自分達のコーナーキックからの攻撃を相手GKにキャッチされ、うちのDFと相手の足の速いFWが1対1になっている所に持ち蹴りされ1本のパスでドリブルシュートを許し失点して負けてしまいました。内容は悪くないのに結果が出せない・・・このプレーから我々は多くを学ばなければなりません。まず空中のボールを体のどの部分でも良い(ヘディングが望ましい)ので地面に落とさないでプレーする必要があった。カバーに入る選手の動き出しが遅かった。相手のドリブルが大きくなった所でGKが前に出てシュートへのプレッシャーとシュートコースを狭くする対応が必要だった。ショートコーナーをトライするなど攻撃の工夫やシュートで終わるなど・・・プレーをやりきる必要があった。失点した時間帯が悪い・・・時間帯によっては攻撃の人数を減らす、残す選手を変えるなどパターンを変更させる必要があった。本番で同じ事が起きない事が大切だと感じます。今日に関しては3試合目が一番良い内容で試合出来たと思います。サイド攻撃から中で仕留めるパターンや逆サイドへのサイドチェンジからの攻撃などもあったり、スピードに乗ったドリブルシュートなどからも得点出来ました。守備の粘り強さも出て来て無失点で試合を終える事が出来た事も良かったと思います。本番は緊張もあるしプレッシャーも練習試合とは比べものにはならないし、4年生は誰もが初公式戦なので強いチームがいつも通リ強いとは限りません。何が起こるか?わからないのが山七大会です。しっかり心と体の両方を準備して本番までベストを尽くしましょう。

【U-10くりやまFCカップ】

■日時 5/27(日)

■試合結果(10分ハーフ)

<予選リーグ結果>

① NORTE vs マオイFC 0-2 ✕ (前半0-2 後半0-0)

シュート数2(前半0 後半2) 被シュート数9(前半7 後半2)

② NORTE vs 東FC 0-3 ✕ (前半0-1 後半0-2)

シュート数3(前半2 後半1) 被シュート数12(前半6 後半6)

2敗 3チーム中3位

<順位決定戦3位トーナメント>

③ NORTE vs 日の出 2-0 〇 (前半1-0 後半1-0) 得点者:オウンゴール、平間

シュート数5(前半1 後半4) 被シュート数4(前半2 後半2)

④ NORTE vs ASC 3-1 〇(前半0-0 後半3-1) 得点者:近藤2 中山

シュート数9(前半4後半5) 被シュート数2(前半1 後半1)

2勝 4チーム中1位

全4試合 総得点5(1試合平均:1.2) 総失点6(1試合平均:1.5)

■成果と課題

ボールを持った時に周りを観て(相手、味方、スペース、ゴール)を観て判断(パス、ドリブル、シュート)出来るようにしていきたく考えてます。感覚 的なプレーが多い年代ではありますが、少しずつ判断の伴った技術を発揮出来るようにしていきたく指導してます。そういう観点から観て平間選手のゴールは良かっ たと思います。相手陣内の真ん中ペナルティエリアの外15m辺りでボールを持つ→①この時、相手が寄せて来てない自分の前にスペースがあることを認知したう えで、味方の動きを観ながら(パスの選択肢をもちながら)ドリブルで前へ進む。→②ペナルティエリアの外5m辺りまでドリブルで進んだ所で相手が寄せ てきた。この時、平間選手は、相手、味方、ゴール、スペースを観てシュートを選択。この一連のプレーで良かった点は、常に相手、味方、スペース、ゴール を観ながらプレーの選択をした点と、選択した技術(パス、ドリブル、シュート)を正確に実行できた点です。

「周りを観て、状況を把握して判断する」ことは、技術の一部なので習慣化できるよう継続して練習していきたく思います。

大会の運営及び試合をして頂いたチームの皆様有難うございました。今後とも宜しくお願い致します。